津軽三味線  小 山 流
総 師 範
 小 山 貢 憲
  お や ま   み つ の り
昭和29年(1954)神奈川県横浜市生まれ
 15歳で平三味線を手にし、17歳より津軽三味線小山流初代家元 小山 貢(現宗家 小山貢翁)に師事し指導を受ける。
 入門7年余りで師範になり、現在は総師範として津軽三味線小山会にて活躍しており、また、舞台・テレビ・学校教材ビデオ等にも積極的に出演し、すばらしいテクニックと美しい音色を披露している。
 以前には日中友好の一環として中国演奏ツアーにも参加し、アテネオリンピック開催時には各国友好事業としてアテネ演奏会にも参加している。
 現在は横浜市を基点に静岡県富士市・御殿場市に教室を持ち、生徒達に津軽三味線の醍醐味を教授し、小山貢憲会会主として各種イベントにも参加し、津軽三味線の普及と演奏に活躍している。


Indexへ戻る